美濃焼ボウルで、おうちカフェランチ

秋深まる山々。そして、実りの秋。
最近、お食事がおいしくて、デブ街道走りまくりです。

どこかで、セーブしないと暴走しそうです。
でも、食べるとお肌の調子はいいんです。
どんだけ普段、貧しい食生活なのか。ですね。
食べるタイミングが悪いのだと自分では思います。

疲れ果てて食べると、テーブルの器にも配慮がないですしね。

こういうとき、よそのお宅のうちご飯をご馳走になると、大満足です。
そして、自分もなんとかしたいと思いつつも、またおよばれに行ってしまって・・・

いい迷惑ですよね。
時に、和食器など、そう、箸起きとか、あまり値が張らないものをプチプレに持参します。
これくらいしか、配慮ができませんが、それでも歓迎していただけるのでクセになりそうです。

いつか、わたしもゲストをお招きできるような、カフェなおうちを持ちたいです。
いまの自宅は寒すぎます。
秋は草木を愛でる余裕はあれど、冬が辛い。


【月間セール】和食器 手書きたこ唐草角型多用鉢【美濃焼/食器/訳あり/アウトレット込み/通販/器/角鉢/ボウル/サラダ鉢/カフェ風/cafe風】
posted by 茜 at 18:46 | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縁起物ふくろうの愛らしい九谷焼

うーんと年下の知人が、なんと三味線の名取だったという事実。
あー、わたしって、なんもないわ。と、あらためて三日坊主をなさけなく思いました。

陶芸も満足いくまで続いていません。
鑑賞は続いてるのですが。
やはり、自分で作ってこそですから。

それでも、昔、作った自作の器。
日々の食事に活用しています。
使い続けていくうちに、欠けたりしてきたのですが、副菜を盛るだけなので、問題はなし。
お茶碗だとかだと、危ないですけどね。

まだまだ、電動ろくろが満足に使いこなせないので、ぼってりとした器しか作れません。
うまくなると、急須なんかも作れるようになります。と、言われたのですが、そうなる前に、やめてしまいました。
もう、何年、土を触っていないかな。
そうそう。
先日、絵付けだけは体験してきました。
でも、やっぱり造ってこそですね。
物足りません。





九谷焼。
以前は、興味がありませんでした。
あまりに雅すぎて、くどい感じがして。
でも、華やかな器は、心を明るく前向きに元気にハッピーにしてくれます。

鮮やかな色の可愛い模様の、たとえば、スプーンとか、箸置とか、そういうプチな贈り物でも、すごく喜んでもらえて、気持ちが伝わるのが、陶器のぬくもりです。
九谷焼って、高価すぎて手が出ないと、あきらめてしまう人もいますが、仮に割れたとしても金継ぎできます。
たとえば、ベニシアさんのように、細工に使うことだってできます。

陶器の生かし方は、たくさんありますよね。
しっかり、使い込んで、あとは鑑賞。
ものを慈しむ生き方がしたいものですね。

posted by 茜 at 17:08 | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金襴手草花紋蓋付茶器揃70%off

先日、閉店してしまった陶器屋さんで、伊万里焼を見つけたんです。
でも、持ち合わせがなくて。
次に行ったときは売れてました。

だんだん、焼き物の好みが変わってきました。
というか、好きなものが増えてきたということなんでしょうね。

以前は、釉薬が苦手でした。
なので、備前焼のような粗野なものが好きで。
萩焼でも、柄の入ったものは苦手でした。

いまは、華やかな絵付けの伊万里が好きですね。

青い絵付けの器は、なんだか寂しげで手が出ません。
中に盛る料理でいかようにもなるのですが、なんだか心境の変化でしょうかね。

自分が歳を重ねて、枯れていってるせいかも?
いや、そこまで老齢でもないのですが。(^^

【食器値下げ!最大70%OFF】【有田焼/清右衛門/清右エ門】未使用◆金襴手草花紋/蓋付茶器揃/急...
posted by 茜 at 12:07 | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春だから野点セットでお団子

陶芸を習ってました。
ふたりの講師についてたんですけど、ひとりは生活スタイルからして、憧れでしたね。

自分の農地を耕し、野菜もお米も自分で作る。
そして、合間に(合間というのがなんとも優雅)陶芸教室の講師に変身。
たぶん、出張教室もされてたと思いますね。

もう、ひとりは元カメラマンという先生。
そう、先生です。前出の講師は電気釜でしたけど、この先生は本格的に登り窯で主に釉薬なしのシンプルな器を焼いてましたね。
ご存知ですか?備前焼です。

わたし、牡丹餅のお皿が作りたかったんですね。
でも、はじめはお湯のみでした。
お湯のみって結構難しいんです。
電動轆轤だと、ほいほい 出来ますけど、手でひも状から作るとなると、かなり時間がかかります。

もう、教室は通っていません。
いわゆる家庭の事情というヤツで、そんな時間的にも金銭的にも余裕がなくなりました。
でも、作品展はよくお邪魔してます。
教室の生徒さんの作品を見ていると、ムラムラしてきます。でも、できなくなってしまったことを悔やんでいても気持ちがダウンするばかり。
そんなわけで、家でも出来る習いごとをはじめることにしました。

作品がたまったら、ブログにUPしたいな。
まー 人様に見ていただけレベルにいくまでがたいへんでしょうけど。

お洋服のシーズンオフバーゲンは、当たり前みたいにありますよね。
器も お抹茶碗などは季節モノで使い分けがあります。

セールとかあるのかな。

でも、私が 今 一番 気になるのは、外で お抹茶が味わえる 野点セットなんです。
そんなに大げさなものではんくても、単品で選んでもいいですね。
桜の木の下で、お団子に お抹茶。

お着物の装いなら、尚のこと雰囲気でますよね。
想像するだけで、ハッピーな おもてなしの香りが漂います。

大好きな家族と、友達と サプライズ花見 素敵だと思いませんか?




posted by 茜 at 12:17 | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生まれ日の花紋の和食器 大好きな人に贈りましょう

なんと創業400年余りだそうです。
信楽焼って、ご存知ですか?


あの ひょうきんたぬきが、有名ですね。

わたし、ほんもののたぬきさんを知ってますけど、かなりデフォルメされて、愛らしくなってます。
それだけ昔は、たぬきさんは人の暮らしの近くにいたんだと思いますね。
狸という漢字がそうですもの。
獣に里ですから。人里に住んでいたんだと思います。

今や 動物園くらいでしょうか、会えるとしても。
さて、この信楽焼の窯元さん。
明山窯さんのギフトのご紹介です。

前回のブログ記事にもすこし書きました。
お誕生日の花の紋を刻んだフリーカップです。580_1.jpg580_2.jpg

お誕生日月ではないんですよ。
お誕生日月なら、ありがちです。
でも、そうではなくて、生まれた月日のお花の紋なんです。
たとえば、きょうは8月10日ですね。

そうするとですね。
この花紋になるんですよ。
花は合歓の木
合歓の木




個意ことば
想像
この花個紋を持つあなたは…

独創的なアイデアと工夫で、自分の世界を作れる人。

趣味が多く、常にいろいろなことに興味を持つ多才なあなた。年月とともにエネルギーを蓄積していけば、大きな成功を得ることができるでしょう。


posted by 茜 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米に合うご飯碗

白米が苦手だった私ですが、最近では玄米の味を覚えました。
玄米が美味しいと思えるようになりました。

炊くのが難しいかな?
果たして口にあうのかな、お米が嫌いな私に食べれるのかな?

そんな心配をしてたんですけど、健康志向の友達に誘われて購入。
これが、案外美味しかったんです。

プチプチ感が、けっこう嫌いじゃないですね。
それに、白米とは違って栄養素も豊かです。
しっかり噛みますから、耳鳴りが治りました(このせいかどうかは不明)
たぶん、図ってれば血糖値なんぞも問題ない数値になってると思いますね。

どうして、みなさん 食べないんですか?
なんちゃって。
自分だって、誘われて目覚めたのに ね。

美味しくて健康になれるなら、なによりです。
しかも、これは私が考えたことなんですけど。
厚目のぼでっとした飯碗には、絶対 玄米がお似合いです。

昔の人は、白米ではなく玄米を食べていたと聞きます。
博物館で江戸時代の庶民が食べた食事のレプリカを見たことがありました。

玄米らしきものがありました。
ひえ や、 麦も入っていたかもしれませんね。

私が好きなのは あきたこまちの発芽玄米です。
時間がある時は、お鍋で炊いて、わざとおこげを作ります。

冷めるとさすがにおこげは硬いです。
これに、あつあつのお茶を入れ、昆布と梅干のトッピング。
お茶漬のできあがり。

便通もよくなります。

玄米ご飯が食べたくなる器。
選んでみました。
この頃、絵付けの器も気になります。
以前は、備前のような釉薬なしの器がすきだったんですけどね。



posted by 茜 at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火鉢で風流に暖を取ろう

お正月に着物着ましたか?
私は、あまり華やいだ気持ちになれずに、普段とおなじふうに過ごしました。

寒い日が続きます。
節電は徹底していますが、それでも電力は不足気味ですね。

ウォームビズということで、ヒートテックが売れています。
私も1枚お試しで購入してみました。
友達が、あんまり いいよというものだから。
でも、私の寒がりは尋常ではなく、あまり恩恵は感じません。

ショールが欲しいです。
肩から腕にかけて本当に寒くて、肩がカチンコチン。
凝りますね。

そういえば、火鉢。
風情があります。
先日、遊びにいった知人宅には、おばあちゃんちからいただいたという火鉢が鎮座してました。

もう少ししたら出番かなって。
ちゃんと炭も用意してました。

家にずっといるのには、いいでしょうね。でも、家を留守にするときは、どうするんでしょう。

あたたかそうなので欲しいですね。
骨董屋さんにあるのでしょうかね。

まさか、楽天市場にもありますか?
どうでしょう?
陶器ですから、ないわけないですね。でも、どこの焼き物なんでしょう。
よく見るのは(と言っても見ませんが)白地に青模様です。



posted by 茜 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九谷焼の抹茶碗は色鮮やかで、気持ちも晴れますね!

寒くなると、あんこが食べたくなります。
わたしだけでしょうか?

あんこと言えば、和菓子。
お抹茶。

抹茶碗 見て歩きも一時期ハマってました。

高台を見てるとなんとなく目利きになってるような気分に
ひたれます。
ミーハーです。

栗をたくさん いただいたので、くりきんとんでも作って
久しぶりに お抹茶でも点てようかと思います。

あー またまた お抹茶碗が恋しくなってきました。

あなたは、器 日本の器 お好きですか?
何焼きがお好みでしょう?
私は、だんだんと華やかなものに心惹かれてきました。
前は、素朴な素焼きのような、釉薬もなにも付けない
焼きなりの 備前焼が好きでしたね。

いまは、伊万里とか九谷焼の彩色鮮やかな器に見入って
しまいます。

心まで色鮮やかに、明るい気持ちにさせてくれるような
気がするんですね。
今年は辛いことが多かったじゃないですか。
そのせいでしょうかね。

今も、しんどい方は、たくさんおられますでしょ。
そうじゃない方も、なんとなく華やぐのを遠慮がちで・・・
でも、消費が周り回って、経済を支え、人の生活を潤して
いることは間違いないのこと。

お気に入の器で、初釜 一年のスタートをすがすがしく
迎えるのも素敵ですよね。
楽天市場には、たくさんのお抹茶碗や陶器が、ありますね。
見るだけでも、楽しいですよね。

ご覧になってくださいね。

おっと、この老舗を外してはいけませんよ。
九谷焼ジェーピー






それでは、楽天市場で検索してみましょうね。

お抹茶碗で検索すると、5000件近くヒットします。




春先に使いたいお抹茶碗は、贈り物にもいいですね。
春は節目の季節です。
お祝い事が多いので、おすすめですね。



こちらは京都の老舗のモダンなお抹茶碗。
お抹茶の緑色も、くっきりとより一層 美味しく感じられますね。




これまたアイディアですよね。
鉢に見立てて盆栽を楽しみます。
風流です。



黄色の夫婦湯のみです。
絶対 喜んでいただけるお品ですね。
普段のお茶も美味しく感じられるかもです。
高級品ですね。

posted by 茜 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九谷焼のギフト

あなたは、日本の焼き物 お好きですか?
焼き物って言っても 魚とかではなく、陶芸品ですね。

以前、萩焼と備前焼の民芸のお店のお手伝いをして以来、陶器がすっかり好きになりました。

磁器のスマートな美しさもいいですが、やっぱり あのぼてっとした いかにも作りましたと言う感じが好きなんですね。
で、いままでは釉薬で変化を見るのだったり、釉薬がけはなしで、炎だけで変化を楽しむ焼き物ばかり見てきてたんですけどね。

最近、九谷焼のお店を、ご紹介させていただくことになって、柄や色彩のある器にも心惹かれています。

順番でいくと、そういう器も素敵だなと思っていたところで、九谷焼のお店を見つけたということなんですけどね。

ものすごく、神経を使って でも 出来上がりを心に描きながら、丹念につくられる九谷焼。
職人さんと芸術家のふたつの実力と繊細さを併せ持つ人たちが、携わっておられるだと思います。

器って、壊れるでしょう。
当たり前なんですけど。
だから、人にあげるのは、よくないという人もいるんですね。

確かに、漆器などですと、壊れる心配はありませんよね。
でも、漆器には漆器のよさがあるように、陶器にも陶器の、温かみがあります。
これからの寒くなる時期に、温かみを感じられる 土器 あえて磁器に対して、こう呼んじゃいますけど、この重量感 この器に、そんなお料理を盛ろうか?
誰のために。

誰を招こう。

あるいは、お湯のみですと、体も心も温まる健康茶で、誰と話そう。
なんて、情景まで演出できます。

器って、人を幸せにする贈り物だと思います。

もちろん、自分へのご褒美としても、いいですね。

楽天市場で、久谷焼を検索してみました。






こちらは、九谷焼の専門店。
ギフトを、お考えなら こちらがお薦めです。
記念に印象深く お相手のことを想う気持ちを、あなたの言葉のセンスで、ネーム入れ無料ですよ。
ネームだからって、ありきたりな言葉じゃなくても、いいと想います。

九谷焼ジェーピー






九谷焼ワイングラス ペアで1万円以下という商品もあります。

お幸せになっていただきたい おふたりの門出に。。。
posted by 茜 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の焼き物(陶器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。