和柄 古布手帳がたくさん

京都の古布で和雑貨 作ってますのおはりばこさん。
先日 NHKの東京かわいいTVに出てはった(^-^)/ですね。

見られましたか?

京都の職人さん同士のコラボ商品が
いろいろ生み出されていて、思わず
身を乗り出して見ました。
こういうときには、しみじみ でっかい画面で
みたいなと思いますね。
TVあんまり見ない人なので、ちいさなのしか
ありません。(;_;)




知ってる人には待ち遠しかったでありましょう
おはりばこさんオリジナルの古布の手帳です。
来年の12月まで書き込める日記帳です。
わたしも、去年 買いました。

あんまり、気に入ったものだから友達にも
プレゼントしました。
今年も買おうかな。

今年は、贈りたい人がたくさんいるので、
頑張ってお仕事しないといけないです。
みなさんは、ボーナス良かったですか┐(´∀`)┌

ほかにも、おはりばこさんでは、つまみ細工の
かんざしやら、がま口も、お安いものでは
根付とか、小さなものもすべて人の手で
心のこもったお品がたくさんあります。

・・・なんて言いますか。
せわしない私には、京都人の電話での応対が
ゆるくて、はじめは なめてんのか?(`_´)
とも感じたのですが、たまーに問い合わせの
電話をすると、生の京言葉のイントネーションが
すごく耳に心地よいのがわかってきました。

はじめての電話は、この古布の手帳のことでした。
注文したのに、在庫があらしまへん とのお返事。
なんでやねん!
と、冷静に考えれば理解は簡単。数秒差で誰かほかの
人が買っていったというだけのこと。納得。
でも、すっごく欲しかったので、ちっと思ったんです。
おとなげなかった私でした。

では、おはりばこさんの古布の手帳をはじめとして、
和柄の手帳を照会していきますね。





おはりばこさんを筆頭に、それぞれのお店で
いろいろ取り扱いがあるもんですね。



手創り工房フジタさんのは、シンプルで価格も
控えめです。





京都 洛〜伝統となごみの和雑貨取扱のお店の
この手帳はカバーになっていて、中身さえ変えれば
ずっと使えます。

このお店のあたたかマフラー 北欧調な柄のいい雰囲気のが
あるんですよ。
寄り道して見てみてくださいな。



画像を載せておきますね。




◆では、本日のメインのお品 和柄の手帳は、
こちらでひとまとめ検索をお手数ですが
お願いいたしますね。

posted by 茜 at 13:13 | 和文具・ブックカバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和柄のブックカバー 読書の秋ですし

カテゴリが、反映しなくて記事数が少ないですね。
いろいろ試してみるのですが、和文具とカテゴリー登録しても表示されないので、読んでくださってる方には、ほんとうに申し訳ない限りです。

読書の秋。
和風なブックカバーが気になります。
使い勝手のいいものないでしょうか。
柄は好きなんだけど、ぴったりこないものが多いように感じます。
それもそのはず。
本は、それぞれ厚みが違います。
ぴたりと収まる方がおかしいといえばそうなんですよね。
どんな時に、ブックカバーがあるといいなと思うかと言えば、きれいに読みたい時。
本の装丁には、額に入れて飾っておきたいほどに、心ゆさぶるデザインのものがあります。
ついつい書店で手にとってみたくなるのも、装丁に惹かれるから。

わたしは、実用書をよく買います。
実用書は、やはり装丁より中身。
読み倒す本にブックカバーはいりません。

読まなくてもいい本。
作者には申し訳ないのですが、なんとなく傍に置いておきたい本には、好きなブックカバーをつけて、大事に本棚の前のあたりに、ちょこんとインテリアのようにおいておきたいですね。

通勤途中で、読む本もカバーがあるとなんとなく落ち着きます。
読んでる本から、自分の中身が想像されそうで、気恥ずかしいとき。
この場合は、別にお気に入りのブックカバーじゃなくてもいいですね。
それこそ、本来のカバーを裏返して白地でもいい。
わたしは、この手を使っています。

もう、書店では、あまり本を買わなくなったし、買ってもカバーはもらいません。
インターネットで買うともちろんついてこないので、断ることもいらないですけど。
ときどき、雑誌の付録についてくるので、ついつい買ってしまいます。

基本的にブックカバーが好きなんでしょうね。
自分でも作れそう なんて思いながら、きょうもブックカバーを捜しています。

楽天市場でブックカバーを検索してみました。





これは、町のミシン工房さんの文庫本ブックカバー。
いまなら、商品購入後のレビュー投稿でポイントが、なんと5倍になります。
このお店、主婦のみなさんが、お店の名前のまんまですけど、ミシンや手縫いで仕上げたバッグやエプロン、そしてこの夏、活躍したマスクなどの取り扱いがあり、和柄も豊富です。
マスクは、ほかにも手つくりのお店のものがあるんですけど、立体構造でしっかり紫外線対策になっていて重宝します。
花粉症対策にもいいかもしれませんね。
残念ながら、無地ばかりで和柄はありません。

自分で作りますか(^-^)/
posted by 茜 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和文具・ブックカバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。